外壁に使われている建材 「モルタル編」

query_builder 2021/11/02
ブログ
S__5251075

外壁に使われている建材「サイディング編」に続き第二弾として「モルタル編」を書いていきますのでご覧ください。

モルタルについて

モルタルは現在新築に用いられることはめっきりと減りましたが一時代を築いた外壁材であります。

いやいや、最近も打ちっぱなしの外壁とか多いからまだまだ健在でしょ?と思う方もいらっしゃるかと思いますがあれはコンクリートなのでモルタルとは別物になります。


モルタル    セメント・砂・水

コンクリート  セメント・砂・砂利・水

施工完了 (37)

モルタル

コンクリート打ちっぱなし

12_1_1-600x400

モルタルコンクリートに比べセメントの量が多いのでその分水も多く含みます。そうすることによって乾燥によって収縮が大きくなる為、コンクリートに比べひび割れが起きやすいという特徴があります。

ですがそれは、モルタルの素地を露出させた場合のお話です。実際皆様が目にしているのはモルタルではなく塗膜だと思います。モルタルには様々な仕上げ方法があるのです。

モルタル壁の様々な仕上げ方法

外壁塗装工事 (8)

吹き付けタイル仕上げ

左官仕上げ「ジョリパッド」

S__5251079

S__5251080

リシン吹き

まだまだ仕上げとして方法はありますが今回はよく使われる3つを取り上げます。

このように、モルタルの上に塗膜を入れることによって素地の劣化を防いでいます。

さらに、モルタルは人間と同じように呼吸をしています。厚く塗ればいいわけではないのです。

モルタルも呼吸をする?

モルタルも人と同じように呼吸をしているのです。

「劣化しないように厚く塗っておきますから」一昔前の塗装屋さんはこういうことを言っていました。実際僕も昔、厚く塗れと教わりました。暑く塗るとどうなるか?

結論=呼吸ができなくなり塗膜が膨れ上がってきます。

まだ僕が10代の頃、目にしたのは衝撃の光景でした。まだ塗ってから半年ほどなのに塗膜がぷくぷく膨れていました。なぜなのか?答えが出ました。


僕達は気づかずにモルタルの呼吸を奪っていました。


人間で例えるなら、塗膜という分厚いマスクを着けてしまっていました。人間なら苦しかったらマスクを外せるのですがモルタルにはそれができません。どこか空気が吸える場所はないのかと抜け道を探して空気たちが一斉に1つの場所に集まっていきます。そうするとだんだんその空気たちが定員オーバーとなり塗膜を突き破ろうとして膨れていくのです。

S__5251083

膨れの例

膨れない為に重要な『透湿性』

膨れを起こさない為に重要となるのが「透湿性」です。透湿性が保てる塗料の選定が必要になります。


各塗料メーカーが確実に製造しているのでそれを理解している塗装業者に依頼する事がモルタル外壁塗装において重要です。

劣化「クラックひび割れ」

クラック(ひび割れ)は自ずとやってきます。日本は地震大国とも言われていますし、地震がなくても日々地面は少しの微動があります。その動きによって塗膜にクラックが生じてしまうのです。これもおよそ10年と言われていますが立地条件により早まることもあれば遅くなることもあります。

クラックが入ると、素地であるモルタルに微量ながら水が吸水してしまい痛み始めてしまいます。そうなる前に対策を練りましょう!

S__5251086

クラックの例

まとめ

モルタルには、様々な仕上げ方法がある。

モルタルの上には、塗膜が塗ってある。

モルタルは呼吸をしている。

その呼吸を妨げてはならない。厚塗り厳禁

クラックは早期対策。


これがモルタルです。

このほかにも色々と細かいことがあるのでそれは診断報告書でのお楽しみとさせて頂きます。


モルタル外壁でメンテナンスをお考えの方は一度YT工房に問い合わせてみてはいかがでしょうか?


今回はこの辺で失礼致します。

最後までお読みいただきありがとうございました!

記事検索

NEW

  • YT工房 近況報告

    query_builder 2021/11/30
  • 屋根塗装について

    query_builder 2021/11/16
  • 外壁に使われている建材 「モルタル編」

    query_builder 2021/11/02
  • 『作品』完成 流山市 I 様邸

    query_builder 2021/11/01
  • 松戸市介護施設施工完了

    query_builder 2021/10/28

CATEGORY

ARCHIVE