外壁に使われている建材 「サイディング編」

query_builder 2021/10/25
ブログ
完工写真 (19)

外壁という大きな括りの中を細分化すると多くの種類があり自分の家が何を使っているのか把握することはメンテナンスを成功させるためにも非常に重要なことになってきます。

今回はサイディング編ということで、サイディングを把握していきましょう。

サイディングボードについて

完了写真 (8)
完工写真 (28)
cf2f2c7979e29e654f869be4d31afa192_21847083_210315_26

近年住宅の外壁において非常に高いシェア率を誇る いわば外壁の猛者とも言えるサイディングボード そのサイディングにおいても細分化すると4種類に分けられます。

・窯業系サイディングボード

・金属サイディング

・樹脂サイディング

・木質系サイディング

この4つとなりますがその中でも特に使われている ・窯業系サイディング

・金属サイディング

二種類を掘り下げていこうと思います。

cf2f2c7979e29e654f869be4d31afa192_21847083_210315_107

 窯業系サイディング

・比較的安価

・バリエーション豊富

・防火性に優れる

・耐水性がイマイチ

・メンテナンス周期10年

この窯業系サイディングボードが一番多いかと思います。他の外壁材に比べ比較的安価で尚且つデザインに富んだバリエーションが豊富な外壁材です。窯業系とは、大まかにいうとセメントです。 セメントと繊維質原料などを混ぜたものです。 防火性に強いものの耐水性が弱いという弱点があります。新しいサイディングはコーティングが施されているので問題はありませんが、コーティングが剥がれていくと吸水による劣化が始まっていきます。 コーティングが剥がれ始まるのがおよそ10年ごろと言われています。 なので、 10年に一度メンテナンスをしましょうとよく言われているのです。 また日当たりがいい箇所ですと紫外線にやられ早期劣化が考えられるので一度点検してもいいかと思います。

868C7B6B-F96D-425A-B8D6-0A3C333D6484

 金属サイディング

・比較的高価

・耐久性能が高い

・シーリング破断に注意

金属サイディングは窯業系に比べ価格も高いですが耐用年数も高いサイディングになっています。耐火性、耐水性に優れた建材であることは間違いありません。ただこの建材は20年近くメンテナンスフリーだと言われていますがそれは違います。金属サイディング自体が20年持ったとしてもその繋ぎ目に打たれている充填材『シーリング別名コーキング』が持たないからです。ここを放置すると金属サイディング自体の劣化も早めてしまうので注意が必要です。

IMG_0056

 シーリング破断

窯業系、金属サイディングに共通してあるものになります。このシーリングこそがサイディングの防水という重要な役割を果たしています。このシーリングが破断しているとどういうことが起こり得るのかがわからないと思います。

恐怖を煽るわけではないのですが

シーリングが破断してしまう=雨漏りに近づく

という認識でいてください。

大袈裟だなと思うかもしれませんがそのぐらい危機的状態だと思います。もちろん破断したから明日雨漏りしますというわけではないです。見えない壁の中を水が浸透していき、いずれ雨漏りが始まってしまうのです。雨漏りしてしまうと補修する工事が高額になってしまうので早めの対応をお勧めします。


その他にも、破断はしていないが隙間が空いていたりと色々な状況が考えられますので気になった方は一度外壁診断を受けてみてはいかがでしょうか?

最後に

サイディングボードはメンテナンスが必須となっています。まずはメンテナンスをする上で一番大切となる外壁診断をしましょう。1つとして同じ壁はありませんのでネットの情報よりも細かな自宅の状態を把握しましょう!!


流山市近郊で外壁塗装をお考えの方YT工房を頼ってください。お待ちしております!!

記事検索

NEW

  • YT工房 近況報告

    query_builder 2021/11/30
  • 屋根塗装について

    query_builder 2021/11/16
  • 外壁に使われている建材 「モルタル編」

    query_builder 2021/11/02
  • 『作品』完成 流山市 I 様邸

    query_builder 2021/11/01
  • 松戸市介護施設施工完了

    query_builder 2021/10/28

CATEGORY

ARCHIVE